子供に持たせる安い携帯でおすすめはコレ!

更新日:

子供にどんな携帯を持たせるかは、本当に悩みますよね。大人と同じように3大キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)で契約なんかしようものなら、高すぎて家計が大変な事になります(^^;)とは言え、小学校「中・高学年」くらいになると、キッズ携帯なんかじゃ満足しませんから、頭が痛いですよね。そこで、我が家が実際に、子供達に与えた携帯をご紹介しますので、「子供に与える安い携帯」を探しているなら、ぜひ参考にして下さい。。これは本当に安くて、子供に携帯を持たせるならおすすめですよ(^^)

 

小学校低学年の子供に与える携帯は

まず、子供と一括りに言っても、小学校低学年と高学年では、欲しがる携帯が全く違います。そもそも、使い道が違いますからね。基本的にインターネットなんか出来なくてOK。使うのは親との連絡のみ。だから、特定の人とメールが出来ればOK。そんな用途なら、キッズ携帯で全く問題なしです。実際、我が家ではこのキッズ携帯を与えてました。

 

これはドコモのキッズ携帯です(どんな機能があるのかはドコモ公式サイトで確認して下さい)。キッズ携帯も各キャリアが出してるんですが、キャリアごとに多少、機能が違います。例えば、ソフトバンクだと携帯への登録数が3件しか出来ません。が、ドコモだと10件まで登録できました。我が家では「3件は少なすぎだろう」と言う事で、ドコモにしたんです。キッズ携帯の場合、機能に大差は無いと思いますが、ちょっとした部分に違いがあるので注意して下さいね。

 

キッズ携帯の毎月の費用

親として1番気になる、毎月の費用もお伝えしますね。とは言っても、キッズ携帯なのでたかが知れてますが(^^;)

 

この位が、だいたい月の平均金額です。約¥1,000位ですかね。ただ、初めて携帯を持った月は、子供がおもちゃのように使ったので、この位掛かりました。

 

驚きです!キッズ携帯なのに¥2,000超えとか!この時はさすがに、子供に「あまり使わないで」と言ってしまいました(^^;)3大キャリアと比べればたいしたことない金額なんだけど、どうしても「キッズ携帯」と思うと高く感じてしまって。

 

子供が小学校低学年なら、キッズ携帯でOKだと思います。毎月の金額も、だいたい全部同じです。なので、小学校低学年くらいまでなら、悩むこと無く携帯が買えると思います。

 

問題は、小学校「中・高学年」になってから。この辺りになると、キッズ携帯では誤魔化されませんから、買い与える携帯は本当に悩みます。お友達が持っていたり、お兄ちゃん・お姉ちゃんが持っていたりすると、間違いなく「iphoneが欲しい」と言ってきますからね(^^;)そんな中、悩みに悩んで見つけたのが、この携帯会社なんです。毎月の金額も端末の金額も安くて、iphoneも使えるので、本当におすすめですよ。

 

子供に持たせる安くておすすめの携帯

我が家で携帯を探したときの条件

で、子供の携帯を探すとき、我が家がどんな条件で探したかというと、

  • iphoneが使えること
  • 毎月の費用が安いこと
  • SNSが使えること
  • 基本料金が一定であること

こんな条件で携帯を探しました。まず当然ですが、毎月の支払いが安い物。しかも、「1年後に基本料金が上がりますよ」とかでは無く、基本的に値上がりが無いもの。格安会社の中には、最初の年だけ安くて次年から値上がりする物が多いんですよね。それでは結局高くなってしまうので、値上がりが無い物。

 

そうは言っても、「料金も安くて」「iphoneが使えて」「SNSも使える物」となると、もう大苦戦でしたね。でも、色々探したら、条件に合うピッタリの携帯会社があったんですよ!それがここ!⇒ iphoneも使えて毎月の費用が安い携帯会社がここ!

 

ここは本当におすすめ!iphoneを使うことも出来るし、子供達には欠かせない「SNS」も使いたい放題!それなのに、毎月かかる費用はキッズ携帯と大差なし!実際の費用はと言うと

 

実際にかかる費用

これは、実際に中学1年生の子供に、iphoneを使わせた時の料金です。普通に、通話もメールもインターネットも使えてこの金額です。安くないですか!もしかしたら「高い」と思う方もいるかもしれないけど、少なくとも、機能が全く無い「キッズ携帯」とほとんど差が無いんですよ。(*契約月は、事務手数料が加算されます。どこも一緒ですが(^^;)

 

しかも、この携帯会社にはたくさんの料金プランがあるので、自分たちの使い道に合ったプランが選べるんですね。これもまた魅力です。もっと言えば、SNSが使いたい放題のプランを選べば、通話は基本的に「ライン通話」で行うし、ちょっとした用事なら「ライン」を使うので、基本料金以外に掛かることは無いんです。

 

しかも、インターネットに掛かる「データ容量」も、一月で余ったら「次月に繰り越せる」んです。これもまた魅力です(笑)小中学生なんか、日中は基本的に学校だから、ネットを使うのは家の中がほとんどでしょう。だから、家の中のWi-fiを使えばデータ容量は一切食いません(^^)実際に我が家の子供は、こんな感じで、毎月繰り越してます。

 

データ容量の繰り越しが出来る!

見て下さいよ、これ。基本は一月に3GBなんですが、外でネット接続をほとんどしないから、次月にはデータ容量が繰り越されて、6GBを超えました(笑)小中学生なんて、こんなもんですよ。

 

さっきも言いましたが、小中学生くらいは、ネットの閲覧よりも「友達との遊ぶツール」みたいな感覚です。しかも部活を始めたら、家にほとんどいません。平日の日中は部活で朝早く夜遅いし、土・日は試合があるし。子供の生活スタイルにもよるけど、我が家の子供と同じようなら、毎月の費用は¥2,000位で、一月のデータ量も3GBあるしデータの繰り越しも出来るので、オーバーすることは無いと思いますよ。

 

まとめ

ご紹介したように、小学校低学年くらいなら、どのキャリアでもキッズ携帯で十分だと思います。問題は、小学校「中高学年」から中学生の子供。この子達は、多分ihoneを欲しがるでしょう(みんな持ってるそうらしいので)。そうなると、

  • iphoneが使えること
  • 費用が安いこと

が条件になってきます。こうなると、相当悩みます(^^;)でも安心して下さい。ご紹介した、この携帯会社なら毎月の費用も安いし、iphoneを使うことが出来ます。iphoneを使うのに多少の手間は必要になるけど、全く難しくないし、私がこちらのブログで詳しく書いているので、不安なら参考にして下さい。もし、「子供の安い携帯」を探しているなら、この携帯会社を検討してみてはいかがですか?⇒ 子供に持たせる安い携帯ならココがおすすめ!

 

 

  • この記事を書いた人

nao

-携帯
-, , ,

Copyright© 知っ得ナビ , 2019 All Rights Reserved.